少々お腹が減っていたほうが頭の回転が早い気がする

腹が減っては戦はできぬということわざがありますが、私はそのことわざに少々違和感を覚えてしまいます。なぜならば、お腹がいっぱいになっている時よりも、少々お腹がへっていた方が頭の回転が早い気がするからです。確かに著しい空腹の時であればその不快感から集中力が低下してしまいますが、ご飯を食べる量を減らしてみたり、食後2時間から3時間経った時のようなお腹にそれほど食べ物が入っていない時はご飯を食べてすぐの時よりも仕事や勉強の能率が良くなったという経験があります。そのような経験的側面からも、頭の回転を良いままで維持するためには少々お腹を減らしておく方が良いのではないかと思うのです。

ビルドアップ基板製造サービス | プリント基板ネット通販P板.com

このように感じるのは自分だけかと思っていましたが、自分の身の周りにも意外とそう感じている人は多く居ました。そのような方達も満腹度と頭の回転の関係性に着目してからか、常にご飯はお腹いっぱい食べないようにしているようです。ストイックな方であれば、ある程度の仕事を終わらせるまでは食事を取らないと決めている人まで居ました。

プロテイン 選び方

少々お腹が減っていた方が頭の回転が早いのか、そのメカニズムについてはやはり血流などが関係しているのかもしれません。空腹時は血液が胃腸に集中することが無いので、全身の血流が良くなり頭にも必要充分量の血液が流れてくるのでしょう。それによって、空腹時の方が満腹時よりも頭の回転が良くなってくれるのだと思います。

鈴木克彰オフィシャルブログ ボディビルダーKatsuの「SOUL OF PHOENIX」 Powered by Ameba

ですから、頭を酷使しなければならないここぞという時ほど、ご飯を食べ過ぎないように気をつけています。そうすることで、自分の持っている頭の力を最大限に発揮できるのではないだろうかと考えているからです。