歯周病の人って結構いるはず

歯周病と歯医者に言われてしまった。
自分で「歯周病かも。」と気づく機会ってあまり多くないと思う。



冷たいものが歯にしみて痛くて、ずっとそれが続く。
あるいは、歯がぐらぐらしだして噛み合わせに違和感を感じる。
そして歯医者に行って観てもらって検査してそこではじめて自分が歯周病だと知る。
結構、歯周病と診断されるまでに長い時間がかかってしまうものだと思う。

デンタルフロスの使い方:Dental floss/flosser デンタルフロス/フロッサー

歯周病とは歯の付け根の歯肉が後退してしまい、様々な症状が出る病気だ。
歯の根元が緩くぐらぐらしたり、歯茎がよく出血したり、
むき出しになった歯の根元に冷たいものやすっぱいものが接触すると痛みを感じたり、
虫歯とはちょっと違う症状に悩ませられる。
口の中の細菌などにより歯茎がゆっくりとダメージを受け、治療するのにも長い時間がかかってしまう。

【豆知識】7月25日は「かき氷の日」 「知覚過敏の日」でもあるよ - ねとらぼ

歯医者によると歯周病はすごく幅がある病気で、ごく初期の歯周病なら全く違和感もないだとか。
症状の軽い人から重い人まですべてを含めると、およそ8割もの人が歯周病にかかっているらしい。
こんなにも多いというのは正直驚きだ。
誰でも気を付けるべき病気だと思う。
年齢とともに歯周病のリスクも大きくなるというので、継続的にずっと気を付けていかないといけないものらし。