脂肪吸引の最新技術

ここで、脂肪吸引の歴史を少しのぞいてみましょう。

脂肪吸引は1921年に、フランス人の「フィッシャー(Fischer)」により、
初めて行われました。

1977年にはフランスのイルーズという医師により、
「カニューレ吸引法」という方法が始められましたが、
これが現在の主流となっています。

「カニューレ吸引法」とは、
皮膚の小さな切開口(約2~6mm)から、
体内へカニューレ管という管を通し、体内の広範な皮下脂肪を吸引除去する方法です。



またイルーズは、「ウエットメソッド」という方法をも開発しました。

この技法は数種類の液体をカニューレの先から流し込みながら、
血管や神経の損傷を避けて出血量をおさえて、
広い範囲で脂肪吸引を行えるようにしたものです。

その後、ドイツ・スイス・アメリカ・日本などの、
各国の医師たちによって、技術的な工夫や改良が多く加えられました。

1980年代には「吸引ムラ」をなくして皮膚表面のデコボコを極力減らすために、
複数の部位の切開部から吸引を行なうといった方法が確立されました。
この方法を「クリスクロス法」と呼んでいます。

1990年代にはいると、「チューメセント法」という技法が登場。
1992年にはゾッチという人が、
超音波を利用する「ウルトラソニック・リポサクション」というものを発表しました。

これは、吸引をおこなう前に超音波で脂肪細胞を破壊するという技術です。

下半身やせ/セルライト解消│ナターシャ・タイムズ 最新のホリスティック/酵素栄養学をベースにした健康管理&ダイエット情報-

このように見てくると、
短い間に脂肪吸引技術は、機器や技術の進歩を遂げてきましたね。

ご存知のように、現在では脂肪吸引という方法は、
安全でかつ確実な痩身手術として普及しています。

最新機器としては、「新型PALシステム」というものがあります。

特徴としては、従来の機器と比べると吸引する脂肪の量が多くて、
かつ広範囲にわたって吸引が可能になったものです。

ですので、手術時間も大幅に短縮され、身体への負担が少なくなっています。
対応部位は、顔以外であればほぼすべての部位に対応可能という機器です。

花王 ヘルスラボ 愛犬の体脂肪について

またもうひとつの最新技術として、
超音波と高周波による無痛脂肪吸引も登場しています。

また脂肪溶解という脂肪細胞そのものを溶解させてしまう技術も比較的新しいでしょう。

いずれにしても、脂肪吸引を受ける方は、決心をしたその日から、
安心して手術を受けるために、事前調査を怠らず出来るだけ多くの情報を収集して、
正しい知識を身につけ、ご自分に合った最適なクリニックを見つけて下さい。